Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、あらたに3種のランサムウェア復号化ツールを公開

Avast Softwareは、3種のランサムウェアに対応する復号化ツールの無償提供を開始した。

無償提供を開始したのは、オープンソースのランサムウェアである「Hidden Tear」をはじめ、「Jigsaw」「Stampado」など3種のランサムウェアに対応する復号ツール。

すでにこれらランサムウェアへ対応した復号ツールは、 No More Ransom Projectなどをはじめ、無料ツールが公開されており目新しいものではないが、ランサムウェアが使う暗号化キーとアルゴリズムが大きく変化しているとして、同社でも復号化ツールを公開したという。

同社では今回公開したものを含め、全14種のランサムウェアに対応する復号ツールを公開しており、いずれも同社のウェブサイトからダウンロードできる。対応するランサムウェアは以下のとおり。

Alcatraz Locker
Apocalypse
BadBlock
Bart
Crypt888
CrySiS
Globe
HiddenTear
Jigsaw
Legion
NoobCrypt
Stampado
SZFLocker
TeslaCrypt

(Security NEXT - 2017/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】都が中小企業のセキュリティ対応力強化を支援 - 検知や復旧体制の構築をサポート
委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
ランサム被害が発生、個人情報流出の可能性も - 情報処理会社
九州電力グループ会社でランサム被害 - 個人情報流出の可能性
「Windows」と「AD」のセキュリティ状況を分析するサービス
先週注目された記事(2024年5月26日〜2024年6月1日)
Windowsの「BitLocker」を悪用するランサムウェア - ドライブ名に連絡先
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
実践的サイバー防御演習「CYDER」の開催日程が発表 - 受付も開始