Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通

マイクロソフトを装ったフィッシング攻撃が再び観測されている。「Officeのプロダクトキーが不正コピーされている」といった脅し文句が記載されたメールには注意が必要だ。

20170131_ap_001.jpg
クレジットカード情報なども入力させようとしていたフィッシングサイト(画像:フィ対協)

問題のメールでは、攻撃者が日本マイクロソフトのセキュリティチームを偽装。「OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」といった件名でメールを送信している。

本文は「セキュリティ警告!」といった文言ではじまり、プロダクトキーが不正に利用され、メールへ対応しないとOfficeが利用できなくなるかのように不安を煽り、検証作業などと称して本文のリンクからフィッシングサイトへ誘導。

偽サイトでは、メールアドレスやパスワードなどのアカウント情報にくわえ、画面が遷移し、住所や電話番号、セキュリティコードを含むクレジットカードなど、個人情報をだまし取ろうとしていた。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を