Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office使えなくなる」と脅すメールが再び流通

フィッシング対策協議会によれば、今回確認されたフィッシングサイトはすでに停止しているが、今後も類似した攻撃が発生する可能性もあるとして、注意喚起とともに、攻撃を見かけた際は同協会まで情報を提供してほしいと呼びかけている。

類似した攻撃は1月12日にも確認されている。トレンドマイクロによれば、同日の攻撃では短時間に1万件以上のメールが日本国内へ拡散。国内から少なくとも3000件以上のアクセスがあり、接続をブロックしていた。

またカスペルスキーによれば、前回の攻撃は日本語以外の環境で同サイトへアクセスすると、ショッピングサイトが表示されるよう細工。日本人がターゲットとなっていた。

その際に利用されたサーバはロシアのIPアドレスを利用。ドメイン登録者はロシア人と見られる名前を名乗るも国名は中国で、一部サイトに中国語が使用されていたことがわかっている。

(Security NEXT - 2017/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
日本赤十字社のフィッシングに注意 - 実在する寄付サイトを偽装
りそな銀装うフィッシング - クレカ情報の入力求める
GMOあおぞらネット銀のフィッシング - 「確認しないと利用制限」と不安煽る
みずほ銀行装うフィッシングに注意 - 顧客情報の確認などとだます手口
国税庁を装うスミッシング - 税金の滞納あるとクレカ情報を要求
「Google翻訳」悪用したフィッシングが横行 - 誘導先を正規ドメインに偽装
「電力需給ひっ迫注意報」に便乗するフィッシング攻撃が発生
「JR西日本」装うフィッシングの報告が増加 - JR東日本「えきねっと」告知文を悪用
「PayPay銀行」を装うフィッシング - 「個人情報の有効期限切れ」などとだます手口