Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

システム障害で会員の個人情報が流出 - 高速バス予約サイト

高速バスの予約システム「発車オーライネット」においてシステム障害が発生し、一部会員の個人情報を誤って送信していたことがわかった。

同システムを運用する埼玉県戸田市の工房によれば、同システムにおいて、予約ファイルが破損する障害が発生。2月28日11時から12時の間に同システムで予約した顧客へ、別の顧客の名前や電話番号などの個人情報が記載された予約完了メールを送信したという。

同社では、誤送信の対象となった顧客および送信先に対し説明と謝罪を行い、誤送信された個人情報の削除を依頼した。また、予約確認メールへの個人情報記載を禁止するなど再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2008/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「Security Update 2021-006 Catalina」が公開 - エクスプロイト報告がある脆弱性に対処
Apple、旧端末向けにゼロデイ脆弱性を修正した「iOS 12.5.5」を公開
PHPのアップデートが公開 - 複数の脆弱性を解消
PHPにアップデート、セキュリティリリースの位置づけ
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
オリンパス、マルウェアによる通信を確認 - データ消失や流出の痕跡は見つからず
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
東京にデータセンターを開設、AWSを活用 - ソフォス
オープンなチャットを利用、個人情報が流出 - 埼玉県立特別支援学校