Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年度はPマーク事業者796社で1947件の個人情報関連事故

日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)は、プライバシーマーク(Pマーク)付与事業者の個人情報関連事故について、2015年度の報告状況を取りまとめた。

同協会や審査機関が報告を受けた個人情報関連事故について取りまとめたもの。2015年度は、Pマークの付与事業者数は1万4755社で、そのうち5.4%にあたる796社より1947件の事故報告が寄せられた。

2014年度の768社、1646件からいずれも増加となるが、2014年度の付与事業者数1万4044社に対する割合でみるとほぼ横ばいとなる。

事故の内容を見ると、「紛失」が435件で最多。「メールの誤送信」が409件、「封入ミスによる誤送付」が334件、「宛名違いによる誤送付」が311件で続く。「プログラムやシステムの設計、作業ミス」による事故は40件だった。

盗難を見ると、「置き引き」が29件、「車上荒らし」が13件。「不正アクセスや不正ログイン」に関する事故は24件だった。またマルウェア感染に起因する6件のほか、内部不正による事故が9件報告されている。

20160822_ji_001.jpg

原因別事故報告件数(表:JIPDEC)

(Security NEXT - 2016/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
セキュ対策先進企業、自動化や機械学習に注力 - 検知や復旧速度に差
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
8年間に上場企業の約1割が個人情報関連事故を公表
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
流出個人情報、9割超が不正アクセスなどに起因
生活で約6割が「個人情報漏洩」に不安 - ネット調査