Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flashゼロデイ攻撃、APTグループ「ScarCruft」関与か - EMETで回避可能

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性「CVE-2016-4171」が存在し、ゼロデイ攻撃が発生している問題で、同脆弱性を報告したKaspersky Labは、APTグループ「ScarCruft」との関連性を示唆した。

問題とされる脆弱性「CVE-2016-4171」は、「同21.0.0.242」および以前のバージョンに存在する脆弱性。6月15日時点でセキュリティアップデートは提供されておらず、Adobe Systemsが開発中だ

同社は、今回の脆弱性をAdobe Systemsへ報告したことに触れ、Adobe Systemsによるセキュリティアップデートの公開まで詳細は明らかにできないとした上で、今回の攻撃が標的型攻撃で悪用されているとし、APTグループ「ScarCruft」との関係をほのめかした。

同グループは、ロシア、ネパール、韓国、中国、インド、クウェート、ルーマニアなどに向けて攻撃を展開するAPTグループ。Kasperskyは、3月に修正されたAdobe Flash Playerの「CVE-2016-1010」なども同グループの標的型のゼロデイ攻撃に利用されたと見ている。

同グループが、「Daybreak作戦」「Erebus作戦」といった活動を展開中であると同社は指摘。「Erebus作戦」では、「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2016-4117」や、MS XMLコアサービスにおける「CVE-2016-0147」などを用いた攻撃を展開した可能性もあると説明している。

未修正の脆弱性「CVE-2016-4171」については、アップデートの提供までゼロデイ状態となるが、マイクロソフトの脆弱性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit(EMET)」により攻撃を回避できることを確認したという。

(Security NEXT - 2016/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
日本も攻撃対象、中国関与の攻撃活動を非難 - 外務報道官談話
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
続くVPN機器への攻撃 - 「修正済み」のつもりが無防備だったケースも
FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
SAML認証ライブラリ「Lasso」に脆弱性 - ライブラリ依存の幅広い製品へ影響
MTAの「Exim」に21件の脆弱性 - 最新版へ更新を
「Pulse Connect Secure」のゼロデイ攻撃に中国支援組織が関与か - FireEye指摘
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も