Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Flash Playerにあらたな「ゼロデイ攻撃」 - 更新を準備中

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性が存在し、ゼロデイ攻撃が発生していることを明らかにした。同社はセキュリティアップデートを準備しており、早ければ6月16日中にリリースしたいとしている。

20160615_as_001.jpg
脆弱性が見つかったAdobe Flash Player

あらたに深刻な脆弱性「CVE-2016-4171」が明らかとなったもの。脆弱性が悪用されると、端末がクラッシュし、制御を奪われるおそれがある。すでにエクスプロイトが存在し、限定的な標的型攻撃へ悪用されているとの報告を受けているという。

脆弱性は「同21.0.0.242」および以前のバージョンに存在し、「Windows」「Mac OS X」「Linux」「Chrome OS」が影響を受ける。

Adobe Systemsでは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートを、マイクロソフトなどが月例セキュリティ更新の公開日としている米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデイ(Patch Tuesday)」に公開しているが、リリースを延期しており、早ければ6月16日にリリースする定例アップデートで対応するとしている。

(Security NEXT - 2016/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

WP向け寄付管理プラグインに深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃発生中
Windowsにゼロデイ脆弱性 - ALPC脆弱性と同一人物が再度調整なしにコード公開
MS、IE向けに緊急定例外アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応