Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に

情報通信研究機能(NICT)は、サイバー攻撃統合分析プラットフォーム「NIRVANA改」においてアラート管理機能など、機能強化を行った。

20160608_ni_001.jpg
新機能による可視化画面(画像:NICT)

同システムは、ネットワーク通信をリアルタイムに分析、セキュリティ機器からのアラートなどを集約できる解析プラットフォーム。

今回のバージョンアップでは、アラート管理機能を強化。複数の機器より発行されたアラートを自動的に分析、種類別に統計をまとめることが可能。

同種のマルウェアに感染しているホストなど同種のアラート発生源をリストアップしたり、パラメータによるアラートの検索やソートに対応。自動防御機能による通信遮断など対策状況をグラフィカルに表示できる。また国産機器とのシステム連携などを強化した。

(Security NEXT - 2016/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
個情委、メタップスPに行政指導 - 情報資産を把握せず、内部監査規程も形骸化
経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
ビューカードのオンライン会員サービスで不正ログイン被害
「Emotet」にあらたな感染手口 - マクロ無効でも感染
手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
2022年1Qのセキュ相談、前四半期比4割増 - Emotet関連が約54.7倍
セキュリティ監視やヘルプデスクの運用サービス - SCSKサービスウェア