Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、一太郎ファイルの解析に対応 - ジャストシステムと情報共有も

ファイア・アイは、同社セキュリティ対策製品において、2016年上半期よりジャストシステムの一太郎で作成したファイルの解析へ対応すると発表した。

MVXエンジンを搭載したFireEyeシリーズ製品で、法人向けに提供されている一太郎で作成されたファイルの解析に対応するもの。仮想実行環境に、新旧バージョンの法人向け一太郎のイメージを組み込む。ライセンス費用などは発生しない。

またファイア・アイでは、発見した未知の脆弱性やゼロデイ攻撃についてジャストシステムと情報を共有する。今後は「JUST Office」などにも対応していく予定。

(Security NEXT - 2016/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
CTCと日立システムズ、セキュリティ分野で協業
JPCERT/CC、ログ解析の訓練コンテンツを公開 - 痕跡発見のコツも
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供