Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「FinTech事業開発室」を設置 - セキュリティ技術との連携模索も

NECは、ICTを活用して新たな金融サービスを創出するいわゆる「FinTech」の関連事業推進を目指した新組織「FinTech事業開発室」を4月1日に立ち上げる。

同組織は、全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設置。約20人体制で活動を開始。北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルに事業を展開していく。

具体的な業務として、組織横断的なFinTech事業戦略を策定するほか、AIやセキュリティ、生体認証などの技術とFinTech関連技術のオープンイノベーションによるサービスの開発を推進。金融や流通、通信、政府機関や自治体との協業による新規サービスの創出を目指す。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託元に無関係の顧客情報を誤送信、非表示状態でファイル内に - 三菱UFJニコス
元従業員が顧客リストの窃盗容疑で逮捕 - 大和証券
11月のフィッシング攻撃、「報告件数」「URL件数」ともに高水準
顧客向けセミナー案内メールを「CC」送信 - 電通国際情報サービス
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
顧客の預金残高を知人に漏洩、従業員を懲戒解雇 - 阿波銀
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー