Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスら、社外PC向けの研修実施サービス

日本ユニシスとシステム・テクノロジー・アイは、企業外部のパソコンを対象に企業研修を実施できる新サービスを、4月1日より提供開始する。

日本ユニシスのUSB型認証キー「SASTIK」と、システム・テクノロジー・アイの学習管理システム「iStudy Enterprise Server」を組みあわせて提供するもの。

クラウドへの暗号化通信や専用ブラウザによるアクセスし、閲覧したデータをパソコンに残存せずにeラーニング形式による研修を受講者向けに提供可能。受講履歴の管理にも対応している。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習活用したクレカ不正検知サービスを提供 - SBPS
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
ウェブエンジニア向けにセキュア開発の学習サービス - Flatt Security
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給
児童提出物を不適切に廃棄した小学校教諭など処分 - 新潟県
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
財務省、実践的サイバー防御演習の見直し求める