Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けにアセスメントサービス - 日本オラクル

日本オラクルは、同社データベースを導入している顧客に対して、セキュリティ対策をチェックする無料サービスを提供する。

20160210_no_001.jpg
Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメントの流れ

今回提供を開始した「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」は、データベースを中心にストレージやネットワーク、アプリケーションなどの設定情報などを収集、分析するアセスメントサービス。

すでに米国で利用しているデータベースのセキュリティ対策状況を調べるスクリプトを国内企業の実情にあわせてアレンジ。同スクリプトの実行やヒアリングなど通じて、アカウントの設定状況や特権の設定状況、暗号化、アクセス制御状況、ネットワーク構成、監査などの状況を把握、分析する。

同社の標準的なベストプラクティスとの比較し、課題や回避策などを抽出。セキュリティの改善計画の立案を支援する。同社データベースでは、独自のセキュリティ機能を実装しており、こうしたセキュリティ機能の活用促進といった狙いもある。

同社やパートナーを通じて提供し、基本的なアセスメントは無料。より本格的なアセスメントなど要望があれば有償のコンサルティングサービスを提供する。

(Security NEXT - 2016/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
全卒論が外部から閲覧可能に、設定ミスで - 新潟国際情報大
Citrix製仮想デスクトップに複数の脆弱性 - 権限昇格のおそれ
Peatix情報流出、販売サイトへのリスト追加から発覚 - 侵害手法は未特定
ランサムウェアからソフトウェア開発企業を守る10カ条 - CSAJ
不正アクセスで顧客情報約8.8万件が被害か - 保険代理店
ルータ向けLinuxディストロにRCE脆弱性 - 修正版は未提供
Lenovo製ソフトウェア「PC Manager」に権限昇格の脆弱性
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価