Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客向けにアセスメントサービス - 日本オラクル

日本オラクルは、同社データベースを導入している顧客に対して、セキュリティ対策をチェックする無料サービスを提供する。

20160210_no_001.jpg
Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメントの流れ

今回提供を開始した「Oracle Databaseセキュリティ・リスク・アセスメント」は、データベースを中心にストレージやネットワーク、アプリケーションなどの設定情報などを収集、分析するアセスメントサービス。

すでに米国で利用しているデータベースのセキュリティ対策状況を調べるスクリプトを国内企業の実情にあわせてアレンジ。同スクリプトの実行やヒアリングなど通じて、アカウントの設定状況や特権の設定状況、暗号化、アクセス制御状況、ネットワーク構成、監査などの状況を把握、分析する。

同社の標準的なベストプラクティスとの比較し、課題や回避策などを抽出。セキュリティの改善計画の立案を支援する。同社データベースでは、独自のセキュリティ機能を実装しており、こうしたセキュリティ機能の活用促進といった狙いもある。

同社やパートナーを通じて提供し、基本的なアセスメントは無料。より本格的なアセスメントなど要望があれば有償のコンサルティングサービスを提供する。

(Security NEXT - 2016/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

経産省、メタップスPに行政処分 - 診断で脆弱性見つかるも報告書改ざん
2022年における危険な脆弱性タイプのトップ25が明らかに
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
「Comodo Antivirus」に脆弱性の指摘 - 研究者が公開
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
テキストエディタ「vim」に深刻な脆弱性 - パッチがリリース
SVG形式を変換するNode.jsパッケージに複数の脆弱性
Foxit、複数脆弱性を解消した「Foxit PhantomPDF 10.1.8」を公開
Foxit製PDF製品に複数の深刻な脆弱性 - アップデートを
「RealPlayer」に複数の深刻な脆弱性