Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSD、不正サイトとの通信を遮断するクラウドサービス

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、不正サイトとの接続をブロックするクラウドサービス「MBSD Secure Web Gateway」を、3月1日より提供開始する。

同サービスでは、ウェブルートの「Bright Cloud」を活用したクラウドサービス。クラウド上の中継サーバで、パソコンやモバイル端末などのHTTP通信をチェック。IPアドレスやURL、ファイルなどのレピュテーション情報をもとに、不正サイトへの通信をブロックし、悪意あるサイトへ誘導されたり、情報漏洩を防止する。

今後同社では、同クラウドにくわえ、同社セキュリティオペレーションセンター(SOC)で収集した情報もあわせて分析する脅威インテリジェンスサービスの提供を目指すとしている。

(Security NEXT - 2016/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント