Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、DBの脆弱性や設定ミスを検出する無償ツールを提供

アークンは、データベースの脆弱性および設定上の問題を検出してレポートする無償ツール「Scuba by Imperva」を提供開始した。同ツールは、同社サイトから無料でダウンロードできる。

同ツールは、米Impervaのセキュリティ研究組織Application Defense Centerが開発したJavaによるデータベースの評価ユーティリティ。「Oracle」「Microsoft SQL Server」「DB2」「Sybase」のスキャンが可能で、SQLインジェクションやバッファオーバーフローなどの攻撃に悪用される脆弱性を検出するほか、安易なパスワード設定や危険なプロセス、権限設定の問題など設定上の問題を抽出する。

評価したいデータベースのIPアドレスと管理者のユーザー名およびパスワードを入力するだけで評価でき、レポートが作成される。レポートでは評価項目数、および脆弱性を危険度別に表示した分布グラフなどが提供される。

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

転職支援サイトに不正アクセス - 海外サイトに会員情報
小学校児童の個人情報が記載されたサポート票を紛失 - 大阪市
「Chrome」にゼロデイ脆弱性 - アップデートの実施を
KADOKAWA関連の複数サイトで障害 - 「ニコ動」16日まで配信中止
Veeamのデータ復元調整ツールに脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
同門会向けメール2件で誤送信が発生 - 敦賀市立看護大
「Trend Micro Apex One」に7件の脆弱性 - アップデートで修正
機械学習ライブラリ「PyTorch」の分散RPCフレームワークに深刻な脆弱性
複数脆弱性に対処したGPUのアップデートをリリース - NVIDIA
BitDefenderのセキュリティ製品に脆弱性 - アップデートを提供