Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アークン、DBの脆弱性や設定ミスを検出する無償ツールを提供

アークンは、データベースの脆弱性および設定上の問題を検出してレポートする無償ツール「Scuba by Imperva」を提供開始した。同ツールは、同社サイトから無料でダウンロードできる。

同ツールは、米Impervaのセキュリティ研究組織Application Defense Centerが開発したJavaによるデータベースの評価ユーティリティ。「Oracle」「Microsoft SQL Server」「DB2」「Sybase」のスキャンが可能で、SQLインジェクションやバッファオーバーフローなどの攻撃に悪用される脆弱性を検出するほか、安易なパスワード設定や危険なプロセス、権限設定の問題など設定上の問題を抽出する。

評価したいデータベースのIPアドレスと管理者のユーザー名およびパスワードを入力するだけで評価でき、レポートが作成される。レポートでは評価項目数、および脆弱性を危険度別に表示した分布グラフなどが提供される。

(Security NEXT - 2007/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の「就業制限」や「消毒」通知書を誤送付
「ウイルスバスター for Home Network」に3件の脆弱性
日之出出版の通販サイト2サイトが不正アクセス被害 - 指摘は約1年前
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
一部データが暗号化、個人情報流出の痕跡は見つからず - 日産証券
オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
11製品にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性も - Adobe
JA高崎ハムの通信販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
予約サイト「EPARK」で別会員情報を誤表示 - キャッシュ処理で不具合
ログイン情報だまし取る「偽メルカリ」に注意 - メルペイ決済で悪用被害も