Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット検索で狙われるミュージシャン - 「無料DL」などで誘惑

インテルセキュリティは、インターネットの検索結果において危険性が高い有名人ランキングの取りまとめた。前回同様ミュージシャンが上位を占めており、音楽コンテンツなどに見せかけてマルウェアなどが配布されていた。

同調査は、ウェブサイトの危険性をレーティングする同社製品を用い、インターネットで有名人の名前を検索した結果から危険なサイトを抽出、リスク状況を調べた。今回で9回目となる。

前回の2014年は上位10人中、8人が音楽関係者だったが、今回は7人のミュージシャンがランクインした。特にジャンルによる偏りは見られず、ポップスからダンスミュージック、ヒップホップ、カントリーまで多岐にわたる。一部サイトでは音楽や動画などの無料ダウンロードに見せかけ、悪質なコンテンツが配信されていた。

1位は前回2位だったDJのアーミン ヴァン ブーレンさん。「無料MP4」や「HDダウンロード」「Torrent」といった検索ワードと組みあわせた場合、検索結果の約17.9%がマルウェアやフィッシング、スパム配信などの脅威を含むサイトだったという。

また4位のブリトニー スピアーズさんは、前々回、前回に引き続きランク入りした。そのほか、女性コメディアンや女優なども上位に名を連ねている。

(Security NEXT - 2015/10/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
コクヨ販売店の検索サイト改ざん、2020年7月に発生
取扱販売店検索サイトが改ざん被害、外部サイトに誘導 - コクヨ
公表資料で個人情報の黒塗り加工に不備 - 岐阜大
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
トレンド製パスワード管理製品に脆弱性 - アップデートが公開
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
ツール設定ミスで採用関連の個人情報を誤公開 - ソフト開発会社
九大職員が無許可ファイル持出、転職先で外部公開 - 意図しない機密情報も