Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

FFRI、金融機関向けソリューション「Limosa」に新版

FFRIは、オンラインバンキング向けセキュリティソリューションの新版「FFRI Limosa 1.3」を出荷開始した。

同製品は、金融機関が利用者向けに提供するブラウザの保護ソリューション。データを改ざんし、不正送金などの原因となるマルウェアの「MITB(Man in the Browser」攻撃から利用者を保護する。

従来はWindows場で動作する「Internet Explorer 7」以降に対応していたが、最新版ではFirefoxをサポートした。

(Security NEXT - 2015/08/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド設定不備で顧客情報に外部アクセス - 琉球銀
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
欧州で拡散するAndroid狙うマルウェア「FluBot」 - 荷物追跡アプリ偽装
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
フィッシング対策で行政機関へ意見 - 消費者委
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
2020年2Q、不正送金被害額が約1.7倍に拡大
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査