Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ICANN文書の日本語翻訳でJPNICらが協定

JPNIC、日本レジストリサービス(JPRS)、ICANNの3団体は、ICANNが発行する文書の日本語翻訳にあたり、協力する覚書を締結した。

JPNICとJPRSでは、ICANNのグローバル化における日本のICANN活動について協力関係を構築しており、今回は協力関係を強化する一環。

これまでも和訳文書を各団体が独自に提供してきたが、相互協力体制を築き、重複を避けて効率化を図るほか、文書の選定や用語統一などを推進する。

(Security NEXT - 2015/06/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
ファイル内に顧客情報、気付かず提携先に複数送信 - 神奈川銀
生保が契約法人向けに標的型攻撃メール訓練サービスを展開
ゆうちょ銀、210件4940万円を補償 - 173件は本人や家族利用として対象外に
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
インフォセックとBureau Veritas、海事産業分野のセキュ事業で提携
SMBC日興証券で一時障害 - データセンターで電源ダウン
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視