Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PwC、専門チームを設置しサービス強化 - 責任者に星澤氏

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)は、サイバー攻撃の分析やリサーチなどのサービスを提供する「スレットインテリジェンスサービス」とフルタイムで監視を行う「アドバンストSOCサービス」をサービスメニューに追加した。

「スレットインテリジェンスサービス」では、同社が国内外で収集した脅威動向をもとにコンサルティングサービスを提供。リサーチやフォレンジック、マルウェア解析、ペネトレーションテスト、ウェブアプリの脆弱性診断サービスを提供する。

また「アドバンストSOCサービス」では、フルタイムで監視を実施。初動対応の実行や原因分析、脅威や脆弱性情報の提供、改善策の提案などを提供する。

同社では、今回の新サービス提供にともない、専門チーム「スレットリサーチラボ」を設置。設立当初のメンバーは10名で、統括責任者には星澤裕二氏が就任した。今後3年間に、約50名まで増員する予定で、年間売上高10億円を目指すという。

(Security NEXT - 2015/06/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PWリスト攻撃が約10万回、約1500件が実在し半数超でログイン許す - ヌーラボ
「Apache Struts 2」にRCE脆弱性が判明 - アップデートがリリース
2019年の情報ガバナンスコンプライアンス市場は440億円 - 伸び悩む「DLP」
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
委託先でメール送信ミス、メアド流出 - 山口県
メール誤送信対策製品のテレワーク用ライセンスを無償提供 - 富士通SSL
警察庁と「秘密結社 鷹の爪」がコラボ - 啓発動画を公開中
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載