Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSOK、マイナンバーの運用管理を支援するソリューション

ALSOKは、2016年より運用が開始されるマイナンバー制度にあわせ、セキュリティ強化を行う企業向けに「ALSOKマイナンバーソリューション」を提供する。

同ソリューションは、マイナンバーの取り扱いを開始することにともない、セキュリティの強化を図る自治体や事業所を向けに5種類のメニューを展開するもの。

情報システム室や書類の保管庫を常時監視する侵入監視や、入退室管理を行う出入管理、パソコン操作を監視するアクセス管理を提供。また生体認証などへ対応する。そのほか、保管庫の鍵を管理する持出し管理や、溶解処理を行う廃棄処理などサービスメニューに用意している。

同社では、これらサービスを通じて1年間に1億円の売上げを目指す。

(Security NEXT - 2015/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
ファイルサーバに不正アクセス、データ流出か - 丸紅グループ会社
マイナンバーや口座情報含む国勢調査員関連書類を紛失 - 大阪市
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
マイナンバーカードの住所更新でミス、廃止状態に - 大阪市
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市