Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ShellShock」攻撃が再び - 脆弱なウェブサーバをボット化

警察庁は、「Bash」の脆弱性「ShellShock」を標的とした攻撃を多数観測しているとして、サーバ管理者などへ対策を呼びかけた。

同庁によれば、「Bash」の脆弱性が存在するウェブサーバを探索したり、脆弱性に対する攻撃とみられるTCP 80番ポートへの不審なアクセスを観測したもの。同様の攻撃は以前から観測されており、目新しいものではないが、2月18日以降、増加しているという。

今回の攻撃では、脆弱性が存在するウェブサーバでPerlコマンドを実行。Perlスクリプトをダウンロードさせ、実行させる。Perlスクリプトの実行によりボット化された場合、外部のコマンド&コントロールサーバにIRCで接続し、命令を受信してDoS攻撃やポートスキャン、メール送信などの踏み台に悪用される可能性がある。

同庁では、ウェブサーバが脆弱なBashを使用していないか確認するとともに、脆弱性が見つかった場合はネットワークをただちに遮断し、詳細な調査とセキュリティ対策を行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開
「Apache CloudStack」に複数脆弱性 - アップデートや回避策の実施を
「Joomla」にセキュリティアップデート - XSS脆弱性を修正
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も