Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

請求受けて公開した行政文書に個人情報 - 新潟県立看護大

新潟県立看護大学は、公開した行政文書の中に、本来非公開とすべき個人情報が含まれていたことを明らかにした。

同大学によれば、行政文書の公開請求を受け、12月19日に請求者に対し公開を行ったが、請求者より文書内に個人情報が含まれているとの指摘を受けたため、文書の公開を停止した。

請求を受けて公開したのは、実習委員会議事録や学生委員会議事録など。同文書内に、実習を終えた学生が行う継燈式の委員5人や卒業生成績優秀者2人、休学者1人、退学者2人に関する個人情報が含まれていた。同大学では、対象となる関係者に文書で謝罪する。

(Security NEXT - 2014/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
メディア宛メールで誤送信、宛先にアドレス記載 - GPIF
不正アクセスで「レール&レンタカー」予約者のメアド流出
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
調査対象事業者のメールアドレスが流出 - 総務省
顧客情報流出でサクソバンク証券に業務改善命令
補助事業採択者向けのメールで送信ミス - 総務省
公開ファイルのプロパティ情報に個人情報、約400件が判明 - 新潟県
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
行政不服審査請求人の個人情報含むファイルを公開DBに登録 - 新潟県