Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ルートキット」知らないユーザー9割超 - IPA意識調査

「ルートキット」や「ボット」などが出回るなど、インターネット上の脅威がより複雑かつ巧妙になる一方で、それらに対して十分な知識を持つユーザーが少ないことが情報処理推進機構の意識調査により明らかとなった。

同機構が実施した「情報セキュリティに関する新たな脅威に対する意識調査」により判明したもの。同アンケートは、2006年11月15日から16日にかけて、15才以上のインターネット利用者を対象に実施したもので、有効回答数は5316名。

同調査では、情報セキュリティの理解度などを調査したところ、「コンピュータウイルス」を知っていると答えたユーザーは97.8%で、6割が正しい理解を示すなど、高い数値を示した。

しかし、2006年の後半に増加した「セキュリティソフトの押し売り行為」は、7割以上が耳にしておらず、「ボット」や「ルートキット」にいたっては、それぞれ85%、92.2%のユーザーが言葉さえ知らない状況。犯罪目的など悪質化が進むインターネット上の脅威に対する知識不足が浮き彫りとなった。

セキュリティ対策についても遅れが目立っている。パスワードの定期的な変更は、「実施していない(45.7%)」「わからない(8.0%)」としたユーザーが半数以上で、パスワードを自分自身で定期的に変更していると答えたユーザーは34%にとどまった。セキュリティパッチの適用も「実施していない(8.7%)」「わからない(15.4%)」と合わせて約2割ユーザーがセキュリティ対策に無関心な状況となっている。

被害経験も増えている。「ウイルス感染」が41.1%で最も多く、次いで「パソコン起動異常やシステムの不調」が33.9%、「ワンクリック詐欺」が10.9%、「不正アクセス」が8.5%となった。

(Security NEXT - 2007/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバー防衛シンポ熱海2022」が8月に開催 - 露烏戦争から見るサイバー戦
HPE Crayスーパーコンピューターに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
MS、「Microsoft Edge 103.0.1264.37」で独自修正した脆弱性を追加 - 評価の逆転現象も
小学校で児童の画像含むカメラなどを紛失 - 横須賀市
日経BPの医療関係者向けサイトに不正アクセス - ギフトコードの不正読み取りも
尼崎市USBメモリ紛失、関係者は再々委託先 - BIPROGY「あくまで責任は弊社」
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
顧客情報記載の書類が所在不明、誤廃棄の可能性 - 広島県信用組合
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に