Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報がひったくり被害に - 西東京市の小学校

西東京市立小学校の教諭が路上でひったくりに遭い、児童の個人情報含む書類やUSBメモリを奪われたことがわかった。

12月3日21時ごろ、自転車の前かごに鞄を入れて走っていたところ、後方からオートバイが近づき鞄を持ち去られたという。

被害に遭った鞄には、児童26人分の宿題プリントや、宿題の提出状況を記録した名簿、児童の座席表を貼ったノートのほか、通知表の所見を記録したUSBメモリなどが入っていた。

教諭は警察に被害届を提出。奪われたUSBメモリには、パスワードが設定されているという。同校では臨時保護者会を開催し、説明を行っている。

(Security NEXT - 2014/12/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
1割弱が無許可で自宅業務 - 4人に1人が顧客情報持出
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町