Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、iOS向けに詐欺対策備えた無償ブラウザを提供

カスペルスキーは、iPhoneやiPadで利用できる無料ブラウザアプリ「Kaspersky Safe Browser for iOS」を公開した。

同アプリは、iOSを搭載したスマートデバイスで利用できるブラウザアプリ。フィッシングサイトや詐欺サイトなどへのアクセスをブロックする機能を搭載。さらに犯罪や暴力、武器、過激な表現、ギャンブルなど、14種類のカテゴリから閲覧したくないカテゴリを選択し、アクセスを制限できる。

ウェブサイトのデータベースは、同社クラウド基盤「Kaspersky Security Network」を通じて更新するため、あらたに登場した問題サイトへも対応する。ダウンロードはApp Storeから。

(Security NEXT - 2014/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
Lenovo製ノートPCのBIOSに複数脆弱性 - 100モデル以上に影響
Fortinet、「OpenSSL」脆弱性判明受けてアップデート - 「Spring4Shell」の影響は調査中
Apple、「iOS 15.4.1」「iPadOS 15.4.1」でゼロデイ脆弱性を修正
Apple、複数のゼロデイ脆弱性を解消した「macOS Monterey 12.3.1」をリリース
複数Dell製品のBIOSに任意のコードを実行されるおそれ
「iOS 15.4」が公開、マスク着用時でも顔認証可能に - 脆弱性39件を修正
VMwareのBYOD用モバイルアプリに脆弱性 - アップデートが公開
「macOS」や「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ウェブ閲覧でコード実行のおそれ