Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、iOS向けに詐欺対策備えた無償ブラウザを提供

カスペルスキーは、iPhoneやiPadで利用できる無料ブラウザアプリ「Kaspersky Safe Browser for iOS」を公開した。

同アプリは、iOSを搭載したスマートデバイスで利用できるブラウザアプリ。フィッシングサイトや詐欺サイトなどへのアクセスをブロックする機能を搭載。さらに犯罪や暴力、武器、過激な表現、ギャンブルなど、14種類のカテゴリから閲覧したくないカテゴリを選択し、アクセスを制限できる。

ウェブサイトのデータベースは、同社クラウド基盤「Kaspersky Security Network」を通じて更新するため、あらたに登場した問題サイトへも対応する。ダウンロードはApp Storeから。

(Security NEXT - 2014/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FBI、「FortiOS」脆弱性について再度注意喚起 - 5月以降も被害が
「Firefox 89」をリリース、9件の脆弱性を修正 - iOS版も更新
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
「iOS 14.6」「iPadOS 14.6」がリリース - 脆弱性46件を修正
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
2009年以降のDell製端末のドライバに脆弱性 - アップデートが順次公開、未提供の場合も削除を
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も