Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジュニアチーム応募者の個人情報をスタッフがLINE送信 - J2モンテディオ山形

サッカーJ2モンテディオ山形ジュニアユース村山において、メンバー選考の応募者42人の情報を、スタッフが同チームの一部選手に対し「LINE」を使って無断で送信していたことがわかった。

同チームを運営する山形県スポーツ振興21世紀協会の発表によれば、9月17日21時9分ごろ、同チームのメンバー選考に応募した42人の氏名や所属クラブ、身長、体重、50メートル走のタイムなどを、チームに所属する選手20人にLINEで送信したという。

翌18日、メッセージを受信した選手の父親から指摘があり判明。19日に、メッセージを受け取った全選手に削除を依頼して確認を行うとともに、第三者へ転送していないことを確認した。同協会では、選考応募者に対し説明、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
LINE、国外の個人データ保管やアクセス状況を説明 - 「ポリシー上に記載ある」
LINE WORKSで複数顧客参加のトークルームを誤作成、削除できず - 富士薬品
LINEの報告不十分、資料提出求めつつ精査継続 - 個情委
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
「EXILE TRIBE」の公式通販サイトでクレカ情報流出 - 一部不正利用も