Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノンITS、保留メールの操作性を向上させた「GUARDIANWALL」新版

キヤノンITソリューションズは、メール添付ファイルの暗号化や誤送信対策、アーカイブ機能などを備えたメールフィルタリングソフト「GUARDIANWALL」の新版を販売開始した。

最新版となる「同 Ver7.5.01」では、保留したメールの保留状況を確認したり、メールの本文や添付ファイルを閲覧するための管理画面をスマートデバイスに対応させ、操作性や視認性を向上させた。

当初、「iPhone」や「iPad」などApple製端末が搭載する「iOS 7.1」で動作する「Safari」に対応。他スマートデバイスについては、順次対応する予定だという。

また受信メールの転送先アドレスをBCCに指定できる機能を追加。またパソコン向けの管理画面についても操作性の改善を目指した。

(Security NEXT - 2014/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
ヤマハ、SMB向けUTMを発売 - 遠隔サポートで設定変更やログ確認なども対応
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
文教向けにMDMとフィルタリングのパッケージ - ハンモック
デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応