Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソリトン、リモートアクセスソリューションにジェイルブレイク検知機能を追加

ソリトンシステムズは、モバイル用ブラウザとゲートウェイを組み合わせたリモートアクセスソリューション「Soliton SecureBrowser/Soliton SecureGateway」の最新版を提供開始した。

同製品は、データ保存を禁止したモバイル端末用のブラウザと、端末認証を行うゲートウェイを組み合わせたリモートアクセスソリューション。

最新版となる「同V1.2」では、「iOS」と「Android」の搭載端末において、「ジェイルブレイク」や「root化」された端末を検知し、ブラウザを起動させない機能を追加した。

また各端末へのポリシーを配布したり、アクセス可能なウェブサイトを限定できるようになった。ユーザーインタフェースも刷新し、ユーザー自身で初期設定が行える。

「SecureGateway」の価格は、100ユーザーまで利用可能なエントリーモデルが108万円。500ユーザーまで利用可能なスタンダードモデルが237万6000円。「SecureBrowser」は無料でダウンロードできる。

(Security NEXT - 2014/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
コンシューマー向けESET製品に新版 - キヤノンMJ
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI