Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

外部との業務データ共有、半数以上が禁止ツール使用 - トレンド調べ

業務データを組織外部とやり取りする際、従業員の54.8%に、ポリシーで本来利用が禁止されているツールを用いた経験があることがわかった。

トレンドマイクロが、6月23日から25日にかけて企業や組織で業務データを取り扱うIT管理者510人、従業員1038人を対象に調査を実施し、結果を取りまとめた。

業務データを外部の関係者とやり取りする際、セキュリティポリシーなどで特定ツールの使用を禁止されている従業員は半数弱の476人。しかしその54.8%は、過去1年間に禁止ツールを利用した経験があった。

また業務データの取り扱いについて、「自分の担当外のデータにアクセスした(13.8%)」「社外持ち出し不可のデータを自宅作業のため持ち出した(7.9%)」「データを誤って他社と共有した(5.9%)」「退職時にデータを持ち出した(4.4%)」など不適切な取り扱いも目立ったという。

一方、こうした問題を解消するため、代替となるツールの導入を検討した管理者は、40.4%にとどまり、48%の管理者は検討していないと回答した。

(Security NEXT - 2014/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
LINEのチケット制ライブサービスで握手会動画が流出 - CDNから取得か
Windowsの「ポイントアンドプリント」にゼロデイ脆弱性 - PoC公開済み
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチが公開
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation