Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

契約社員が顧客情報を持ち帰り紛失、路上で発見され判明 - NTT西

NTT西日本において、顧客情報290件含む書類を一時紛失したことことがわかった。元契約社員が在職中に持ち帰ったものだという。

発見されたのは、同社岐阜支店におけるフレッツ光の申し込み関連書類98枚。同書類が名古屋市内の路上で発見、回収されたことから、すでに退職している元契約社員が在職中に持ち帰り、落としていたことが判明した。

同書類には、2005年から2007年までの顧客290人分の氏名、住所、電話番号が記載されていた。不正利用の報告は確認していない。同社では、対象となる顧客に文書で謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2014/06/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が公文書を持ち帰り、家庭ゴミとして処分 - 相模原市
看護師が業務書類を無断持出、荷物緩衝材に利用 - 東邦大関連病院
体育教室の生徒情報含む書類を家庭ゴミとして廃棄 - 河合楽器
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
派遣職員が個人情報を持ち帰り、廃棄か - 可児とうのう病院
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
来庁者の電話番号もとにLINEへ連絡、職員を処分 - 大阪市