Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NOSiDE」が不許可アプリの検出に対応 - NTTデータ先端技術

NTTデータ先端技術は、同社が提供するネットワークセキュリティソリューション「NOSiDE」の機能を強化した。ネットワークへ接続する端末のセキュリティ診断および接続制御を強化している。

「NOSiDE」は、ネットワークへ接続する端末の検疫や資産管理、リモートアクセス管理などを実現するパッケージ製品。

ネットワークへ接続した端末に対し、オンデマンドや定期的にセキュリティ診断を実施できるほか、未登録の端末や持込端末の診断、アクセスコントロールにも対応。Windowsをはじめ、Macやスマートデバイスをサポートしている。

新版では、端末のセキュリティ診断や接続制御機能を強化。端末を組織のネットワークに接続した際、利用を禁止したり、制限しているソフトを検出することが可能となった。端末情報や操作情報等を意図せず外部に送信するソフトやウイルス、ワームの侵入を防ぐ。

またポリシーに反する端末に対しては、ネットワークへの接続を遮断したり、利用者に必要となる対策を提示できる。また検出対象とするソフトのリストをインポートし、登録や設定が行える。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
EGセキュア、クラウド型WAFサービスを提供 - CMS向け設定や国別フィルタも
AWS向けFWマネージドサービスの国内展開を開始 - パロアルト
特権ID管理製品に新版、不審接続確認できるダッシュボード機能
攻撃者視点で学ぶ「OTシステムハッキング」のトレーニングサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック