Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一太郎の脆弱性を狙った攻撃が本格化 - 攻撃対象となる組織も拡大

シマンテックは、ジャストシステムが11月12日に公表した「一太郎」の脆弱性を悪用する攻撃が本格化しているとして、セキュリティアップデートを適用するよう注意を呼びかけている。

問題とされる「CVE-2013-5990」は、人気ワープロソフト「一太郎」シリーズにおいて、細工が施されたファイルを開くと、リモートでコードが実行されるおそれがある脆弱性。

シマンテックによれば、日本国内を標的とし、問題の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃を9月より把握しているが、ジャストシステムがアップデートを公開した時点で出回っていた攻撃コードは不完全なもので、システムへの侵入に成功するケースは確認されていなかった。

しかし、アップデートが公開され、1週間が経過したころから、攻撃に成功するケースがあらたに確認されているという。今回の攻撃では「リッチテキストファイル」が用いられており、誤って開くと、バックドアやトロイの木馬などマルウェアに感染する。

シマンテックでは、ゼロデイ攻撃が発生したころと比較し、攻撃対象となる組織も増加しており、本格的な攻撃に移行したと分析。ツールキットが複数のサイバー攻撃者によって共有されている可能性もあるとして、早期にアップデートを適用し、脆弱性を解消するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
NETGEAR製スイッチの管理画面にCSRFの脆弱性
「JetBrains ToolBox」に深刻な脆弱性 - 開発者とNVDでわかれる評価
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も