Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受講生の情報が「Googleグループ」経由で流出 - 京都精華大

京都精華大学は、教員が業務に「Googleグループ」を利用したところ設定ミスがあり、受講生の情報が漏洩したと発表した。

同大の人文学部総合人文学科現代文化表現コースの教員が、4月より「Googleグループ」を利用していたが公開設定で利用していたという。8月11日、19日に外部から指摘があり問題が発覚した。

同月27日に設定変更を実施するまで、受講生に関する氏名や学籍番号、出欠状況、成績評価案など94人分の情報がインターネット経由で閲覧できる状態だったという。

同大では、関連する受講生に対してメールで流出の可能性について報告し、謝罪した。受講生を対象とした説明会や個別対応も実施していく考え。今後は、教職員に対する教育を通じて、再発防止に取り組みたいとしている。

(Security NEXT - 2013/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

オンライン会議の招待準備で傍聴希望者のメアドが流出 - 消費者庁
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
「Googleグループ」の設定ミスで個人情報が閲覧可能に - 群馬県のNPO法人