Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Googleグループ」を誤って公開設定で利用、個人情報流出 - 早大

早稲田大学において、グループ間で情報を共有できるサービス「Googleサービス」を利用した際に設定不備があり、学生や学会関係者の個人情報が外部から閲覧可能になっていたことがわかった。

同大学院日本語教育研究科および日本語教育研究センターの助手が、2013年4月2日からアクセス制限を行わずにGoogleグループを利用していたもの。8月9日に外部からの指摘があり、問題が判明した。

公開設定のまま利用していたため、2013年度の新入生名簿のほか、日本語教育学会の名簿や学会発表の査読結果、メールのやり取りなどが関係者以外もアクセス可能な状態だった。氏名やメールアドレス、学籍番号など約800人分の個人情報が含まれるという。

問題発覚後、関係者以外はアクセスできない設定に変更。関係者に対して事情の説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/08/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
意図せず会員名簿を公開、検索エンジンにも - 日本視能訓練士協会
一部「note pro」利用者情報が閲覧可能に - Googleフォームの設定ミスで
家族向け写真共有サービスに他家族の情報が閲覧できる不具合 - サービスを終了へ
堺市の有権者情報流出、データ拡散確認されず
「Googleグループ」の設定ミスで個人情報が閲覧可能に - 群馬県のNPO法人
天文講座の応募者などの個人情報が「Googleグループ」経由で流出
学生の個人情報が「Googleグループ」経由で流出 - 金沢工業大
受講生の情報が「Googleグループ」経由で流出 - 京都精華大