Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

汎用USBメモリにセキュリティ機能を追加する「InterSafe SecureDevice」がWindows 8に対応

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、「InterSafe SecureDevice」のWindows 8対応版を販売開始した。

同製品は、一般的なUSBメモリにソフトウェアをインストールし、暗号化や未登録PCへのコピー制限などセキュリティ機能を追加できるソフトウェア。「Standard」モデルにくわえ、ウイルスチェック機能や自働ログ取得機能などを搭載した上位モデル「Professional」を用意している。

価格は、「同Standard」が3万9900円から。「同Professional」が15万4560円から。ガバメントライセンスやアカデミックライセンスも用意している。

(Security NEXT - 2013/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「REvil」の無償復号ツールが公開
ファイルサーバのAWS移行とファイル暗号化を支援 - ALSI
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
ホスト型WAFに新版、Cookie保護を強化 - JP-Secure
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ
「MIRACLE ZBX」に新板、セキュリティ面を強化