Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、秘密分散法でメールからの情報漏洩を防ぐソフトを発売

日立製作所は、メールからの情報漏洩を防止する企業向けソフトウェア「メール割符 for Exchange Server」を開発した。7月20日より発売する。

同製品は、マイクロソフトの「Exchange Server」と「Outlook」を組み合わせたメールシステム上で、メールからの情報漏洩を防ぐセキュリティソフト。データを複数に分割して送る秘密分散法により、誤送信による情報漏洩やデータの盗み見などを防ぐことができる。開発にあたっては、マイクロソフトの技術協力を受けたという。

同ソフトを搭載したUSBメモリをPCに差し込むだけで利用でき、送信時は、メールの本文や添付ファイルを自動的に複数に分割し、受信後に復元する。受信側にも同様のメモリが必要で、メモリを抜くと復元できずメールの閲覧ができないため、高い安全性が実現できるとしている。価格は、1クライアント当たり2万6250円から。

(Security NEXT - 2006/06/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市