Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MBSD、クラウドで標的型攻撃の可視化サービスを開始

三井物産セキュアディレクション(MBSD)は、クラウドを活用した標的型攻撃の可視化サービス「ボットネットチェックサービス」の提供を開始した。

同サービスは、シマンテックの「Symantec Web Gateway」を活用したクラウド型サービス。複数のレイヤーをリアルタイムに監視し、ウェブ経由で活動するマルウェアやボットが感染していないか確認できる。

製品の設置や稼働の監視、ログ収集および保管、解析、月次レポート作成までワンストップで提供する。月額利用料は、525円/PC。

ビジネスユーザーへ月額課金サービスを展開するプロバイダなどへOEMによる供給も行うとしており、MBSDとシマンテックは、初年度に販売パートナー100社の獲得を目指し、共同で積極的にマーケティング活動を展開していく。

(Security NEXT - 2013/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
センサーと脅威情報を活用したリスク可視化プラットフォーム
クラウドの設定ミスをチェックするサービス - エルテス
ウェブサーバのファイル改ざんを検知復旧するソリューション
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ