Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信リスト作成時のミスで個人情報流出 - 夢なび

生活情報サイト「夢なび」のメールマガジンにおいて、配信用リスト作成時のミスによりアドレスにずれが生じ、他人の個人情報がメール内に記載されて送信されていたことがわかった。

サイトを運営しているスターツによれば、誤配信が発生したのは2月2日に夢なびプラスの会員宛てに送信した「夢なびメールマガジン」。会員の氏名、ポイント情報、夢なび会員番号などが記載されているが、これら情報を用いてポイントを不正使用したり、クレジットカード情報を取得することはできないとしている。

配信用リスト作成時のミスにより、リスト上のメールアドレスにずれが生じたため、ほかの会員の情報が記載された状態で送信した。同社によれば、5350件のメールが本来の受信者とは異なる受信者へ送信されたという。

同社では対象となる会員に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。配信用リストとデータベース上の会員情報の照合を複数で行うなど再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2013/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガをCCで送信するミス - 山梨県の建設会社
市教委職員の受信メールが無関係アドレスに自動転送 - 輪島市
サイトで他会員情報を誤表示、削除依頼メールで誤送信も - 洋菓子通販店
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メルマガを誤送信、会員のメアド流出 - 店舗装飾シールショップ
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 国立音大
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
委託先がメルマガ送信時に宛先を「CC」設定 - 厚生労働省
メルマガで送信ミス、メアド2350人分が流出 - 洋菓子のヒロタ