Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガ配信リスト作成時のミスで個人情報流出 - 夢なび

生活情報サイト「夢なび」のメールマガジンにおいて、配信用リスト作成時のミスによりアドレスにずれが生じ、他人の個人情報がメール内に記載されて送信されていたことがわかった。

サイトを運営しているスターツによれば、誤配信が発生したのは2月2日に夢なびプラスの会員宛てに送信した「夢なびメールマガジン」。会員の氏名、ポイント情報、夢なび会員番号などが記載されているが、これら情報を用いてポイントを不正使用したり、クレジットカード情報を取得することはできないとしている。

配信用リスト作成時のミスにより、リスト上のメールアドレスにずれが生じたため、ほかの会員の情報が記載された状態で送信した。同社によれば、5350件のメールが本来の受信者とは異なる受信者へ送信されたという。

同社では対象となる会員に対し、謝罪するとともにメールの削除を依頼した。配信用リストとデータベース上の会員情報の照合を複数で行うなど再発防止策を実施する。

(Security NEXT - 2013/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
法人向けメルマガで送信ミス、メールアドレスが流出 - 東邦ガス
メルマガで送信ミス、登録者のメアド流出 - 三好市
メルマガ誤送信で登録者のメアド流出 - ひろしま産業振興機構
不正アクセスで「国立劇場メルマガ」の登録メアドが流出
メルマガ送信で操作ミス、メアド流出 - 茨城県
B.LEAGUEのシステム不具合でメール誤送信 - 千葉ジェッツふなばし
メルマガに誤って登録会員のメアドを添付 - NEDO
通販サイトで情報流出、不正プログラムでクレカ情報も窃取か - JR九州傘下のドラッグストア
観光施設で顧客宛のメルマガを誤送信 - 身延町