Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

健康調査参加親子626組の個人情報含むUSBメモリを3月に紛失 - 高知大

高知大学医学部は、「子どもの健康と環境に関する全国調査」に参加した親子626組の個人情報が記録されたUSBメモリを、今年3月に紛失していたことを明らかにした。

紛失したのは、環境省による「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」に参加した親子の個人情報が保存していたUSBメモリ。2011年7月1日から同年11月30日の間に出生した子ども630人、およびその母親626人、父親320人のデータで、子どもと両親の氏名とID番号、子供の生年月日と性別、母親の住所と電話番号などが含まれる。

医学部内に調査目的のため設置された高知ユニットセンターにおいて、3月21日に紛失が判明。その1週間ほど前にUSBメモリを使用しているが、その後の所在がわからないという。セキュリティ対策は実施していなかった。

同大学では、対象となる調査参加者に謝罪文書を送付。紛失の影響を受けない調査参加者にも、事情の説明や謝罪などの対応を行うとしている。

(Security NEXT - 2012/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員が患者情報含む私物USBメモリを一時紛失 - 徳島市民病院
健診データ送付時に他事業所データを混入 - 報道健保
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
11年前の紛失個人情報、道などへ繰り返し匿名送付 - 5月にも3回
患者情報含むUSBメモリがスタッフルームで所在不明に - 福大筑紫病院
高校教諭が個人情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届き判明 - 埼玉県
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大
在宅訪問診療所で患者情報含むUSBメモリを紛失 - 永平寺町
児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道