Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブルート、クラウド型エンドポイント対策製品 - 他社製品利用時も導入可能

ウェブルートは、企業向けセキュリティ対策ソリューション「ウェブルートセキュアエニウェアビジネス エンドポイントプロテクション」を提供開始した。

同製品は、同社クラウド基盤「Webroot Intelligence Network」を活用した企業向けエンドポイント用セキュリティ対策ソリューション。

定義ファイルに依存せず、マルウェアの特徴や行動をクラウド上で分析し、ゼロデイをはじめとする未知の攻撃に対応。またクラウドベースのファイアウォールを備えており、外向けへの不正な通信を遮断できる。

さらにマルウェアによるキーロギングや画面キャプチャを防止する機能のほか、オフライン時の保護機能を搭載。システムを監視し、マルウェアによって変更された内容をロールバックする機能を備えている。

管理者は、エンドポイント管理コンソールより、インストールやポリシーの設定など一元管理が可能。他社のセキュリティ製品をアンインストールする必要なく、試用や導入できるという。

価格は、1クライアントあたり2362円から。同社では、中小企業を中心に初年度800社の導入を目指し、製品を展開していく。

(Security NEXT - 2012/10/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー
ゲーマー向け「ノートン」が発売 - ゲーム用にCPU処理能力を確保する新機能
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開