Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インフォコム、機密ファイルの利用を制御できるソリューション

インフォコムは、印刷などファイル単位で利用を制限できる文書管理ソリューション「MySAFER」を、7月より提供開始する。

同ソリューションは、「Office 2010」をはじめとするファイルの操作を、ユーザーに割り当てた権限に応じて制御できる漏洩対策製品。組織内のポリシーに応じて、閲覧や編集、印刷などの操作をファイル単位で制限できる。

ファイルは登録時に自動的に暗号化し、復号にはオンラインによる認証が必要となるため、USBメモリによる持ち出した場合やメールの添付ファイルとして外部に送信された場合も引き続き制御できる。

価格は10ユーザー165万円から。ユーザー数に応じたボリュームディスカウントが適用される。

(Security NEXT - 2012/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
5GやLTEにも適用できるフィルタリングサービス - ドコモ
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
OTとIT環境のトラフィックや資産を可視化する新サービス
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築