Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTドコモ、情報漏洩や障害で役員報酬をカット - スマホ環境整備で1600億円を投資

NTTドコモは、個人情報や通信の秘密が漏洩したり、ネットワーク障害が発生した問題を受け、役員の処分を発表した。当面の障害対策や今後のインフラ構築など、あわせて1640億円を投じていく予定だという。

同社では2011年6月以降、3回わたり同社スマートフォンサービス「spモード」で不具合があったほか、大規模な通信障害など事故が発生。総務省では問題を重く見て、1月26日に行政処分を行っている。

こうした状況の責任を取るとして、同社では代表取締役社長の山田隆持氏が月額報酬20%を3カ月返還するなど、同氏を含む役員6人について、報酬カットの処分を発表した。

また同社は、2011年末に「ネットワーク基盤高度化対策本部」を設置して対策を進めており、今回の障害発生を受けて、今後の展開について明らかにした。

同社では、2012年度までに40億円を投じて当面の障害対策を実施。さらに2014年にかけて「spモード」のシステムへ400億円、パケット交換機に1200億円のあわせて1600億円の投資を行い、5000万台規模のスマートフォンに対応できるネットワーク基盤を構築していく方針だという。

(Security NEXT - 2012/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

住民関連の情報をLINEグループに投稿、職員を懲戒処分 - 湖南市
他職員に対して窃盗や不正アクセスした職員を懲戒免職 - 岐阜県
固定資産税下げようとシステム改ざん、職員を停職処分 - 上尾市
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
子会社元従業員、ネットバンク経由で3.5億円を横領 - ホッカンHD
人事情報の不正閲覧で職員2人を処分、以前から漏洩のうわさ - 筑前町
従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
委託先従業員がマイナカード申請情報を私的利用、好意持ち連絡 - 郡山市
神戸市、個人情報の不正操作で職員処分 - 保険料増額の通知から発覚
子会社従業員が有効期限間近のデジタルギフトを不正入手 - デジタルプラス