Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省、スマホ利用者情報の取扱について検討するWGを設置

総務省は、スマートフォンの普及が急速に進んでおり、スマートフォンに蓄積された利用者情報の取り扱いを検討するため、有識者による研究会にワーキンググループを設置した。

同省が2009年より開催している「利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会」に、「スマートフォンを経由した利用者情報の取扱いに関するWG」を設置したもの。

スマートフォンでは、電話、メールの利用履歴や電話帳データ、位置情報、アプリの利用履歴など、端末内部に蓄積されたデータがアプリなどで収集され、第三者へ提供される場合がある一方、利用者が十分認識していない場合もあることから、利用者情報の安全な活用やサービス向上について、検討を進める。

同WGには、研究者や有識者、弁護士が参加。1月に第1回会合を開き、諸外国の動向を含む現状や課題などを把握したうえで、望ましい利用者情報の取り扱いについて、6月をめどに取りまとめる予定。

(Security NEXT - 2012/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Androidアプリのセキュアコーディングガイドに新版 - JSSEC
パーソナルデータ流通の標準化に注力 - SIOTP協議会
小売業における端末の盗難対策、3割強 - コストや人材が不足
保護者の約1割が子どものネット履歴を確認 - 国内外でギャップも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
中小企業の3分の1、直近3年間のセキュ投資ゼロ - 「必要性を感じない」
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
「メタバース」なども取り上げるセキュリティイベント - JSSECら