Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、国内で完結した新型標的型攻撃を確認 - URLフィルタリングによる遮断も無力化

ラックは、国内企業を対象とする新型の標的型攻撃を確認した。国内で攻撃が完結し、URLフィルタリングやログ検知を困難にさせる特徴を持っている。

111222ra_01.jpg
岩井氏

同社コンピュータセキュリティ研究所所長の岩井博樹氏が、最近発生したサイバー攻撃の「良いとこ取り」と表現するのは、同社内でコードネーム「キメラアタック」と呼ばれている攻撃。すでに国内の防衛産業や化学メーカーが標的になっている。

同氏によれば、従来はマルウェアへ命令を下すコマンド&コントロールサーバは、海外に設置されているケースがほとんどだったが、今回の攻撃では国内で完結していることが大きな特徴だった。

特定の組織を狙うものだが、最近話題の添付ファイルを利用した標的型攻撃とは異なり、メールに記載したURLでウェブへ誘導する「スピア型フィッシング攻撃」を用いる。ドライブバイダウンロード攻撃を通じて、セキュリティ対策ソフトで検知できない「未知のマルウェア」に感染させる。

侵入を許すと、スクリーンショットを取得されるほか、キーロガー、端末内のファイルの検索や収集、パスワードの取得など行われるほか、SMB共有経由でさらなる侵入が発生するという。

(Security NEXT - 2011/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」へのゼロデイ攻撃、中国支援グループが関与か
「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生
SonicWall、VPN製品向けに追加アップデート - すぐに更新を
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を
東大総長を装う「なりすましメール」に注意
Cymulate製の疑似標的型攻撃サービス - 内部感染フェーズも再現
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増