Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフトとKNSL、情報漏洩防止ソリューション「秘文」を海外展開

日立ソフトウェアエンジニアリングとKDDIネットワーク&ソリューションズ(KNSL)は、日立ソフトの情報漏洩防止ソリューション「秘文」を北米や欧州、アジアなど海外展開のため協業すると発表した。

個人情報保護法施行の影響により、国内拠点だけでなく、海外支店や現地法人などの個人情報保護ソリューションのニーズが高まっていることをうけ、海外での展開を開始する。英語版の製品名は「HIBUN」となり、9月より販売を開始する。KNSLと日立ソフトは、3年間で20万ライセンスの売上げを目指す。

また、日立ソフトは同社の情報漏洩防止製品である「秘文AE Information Cypher」「同Information Fortress」「秘文AE Server」の3製品についても英語対応版を開発し、11月にリリースする予定。

KNSLは一次代理店として、日本語と英語によるサポート窓口を開設。また、KDDIの現地法人や日立ソフトの現地法人である日立ソフトウェアエンジニアリングアメリカが販社となり、顧客への販売、導入構築、SEサポートを行う。

(Security NEXT - 2005/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開