Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全国22の郵便局でのべ32万人の顧客情報を紛失

全国22の郵便局において、ゆうちょ銀行関連の顧客情報のべ31万8000件、および約600社の法人顧客情報などが所在不明になっている。

全国22の郵便局において、DVDやCD-R、フロッピーディスクなどに窓口端末機やATMの取引内容を記録したジャーナルを紛失していることが判明したもの。

2008年4月以降の紛失状況については、すでに調査が実施されていたが、2010年11月9日に大井緑ヶ丘郵便局で紛失が発覚したことから、全国の郵便局を対象に、2006年10月から2008年3月までの記録媒体の保管状況についても調べたところ明らかになった。

ジャーナルに記録されていた情報は、おもにゆうちょ銀行関連の情報で、個人顧客のべ31万8000人の氏名、住所、電話番号、口座番号、取引金額など記録されている。またそのうち25万8912人については印影も含まれる。

(Security NEXT - 2011/05/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀