Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リネージュ2」への不正アクセスで逮捕者 - ツールにウイルス仕込みアカウント窃取

神奈川県警は、他人のアカウント情報を窃取し、オンラインゲーム「リネージュ2」へアクセスしていた容疑者2人を、不正アクセス禁止法違反の容疑で逮捕した。

オンラインゲームを運営しており、警察の捜査に協力していたエヌ・シー・ジャパンによれば、容疑者らは、「リネージュ2」のデザインなどを利用したフィッシングサイトを設置し、サイト上でオンラインゲームの操作を自動化する不正ツール「ボット」を配布していたという。

ユーザーがツールを利用しようとするとウイルスに感染し、IDやパスワードがウイルスによって詐取され、容疑者へ送信するしくみになっており、容疑者らは、他人になりますましてアクセスし、アイテムやゲーム内の通過を非公式の「RMT(リアルタイムトレード)」に売却して金銭を得ていたと見られている。

登録には虚偽の個人情報が用いられていたが、エヌ・シー・ジャパンが捜査へ協力し、行動や所在地を割り出し、逮捕につながったという。同社では、今回逮捕された容疑者と取引を行ったアカウントや、ボットを利用したアカウントについても、引き続き調査を進めていくとしている。

(Security NEXT - 2010/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
グループ海外拠点でランサム被害、情報共有に時間要す - トヨタ紡織
国家関与の攻撃グループ、早期より「VMware Horizon」「UAG」の「Log4Shell」を標的に
攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
サーバにサイバー攻撃、情報流出の痕跡見つからず - 長栄
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
intel製プロセッサに複数脆弱性、アップデートをリリース - MSやVMwareも対応
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
MSDTのゼロデイ脆弱性、悪用拡大中 - 「QBot」の拡散にも
農業用品メーカーサイトで情報流出 - 診断で異常発見、被害認知に時間要す