Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響

「OpenSSH」のサーバコンポーネントに脆弱性「CVE-2024-6387」が明らかとなった問題で、Cisco Systemsは40以上の製品が同脆弱性の影響を受けることを明らかにした。対象製品がさらに増える可能性もある。

「CVE-2024-6387」は、過去に報告、修正された「CVE-2006-5051」への対応などに問題があり再発したもので、報告したQualysによって別名「regreSSHion」とも名付けられている。

リモートより認証なしにroot権限でコードを実行されるおそれがある。攻撃の難易度が高く、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.1」と評価されているが、Red Hatなどは重要度を4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングするなど、注意喚起が行われている。

Cisco Systemsではアドバイザリを公開し、「Adaptive Security Appliance(ASA)」「Firepower Threat Defense(FTD)」などのセキュリティ製品をはじめ、ルータ、スイッチ、ワイアレスを含むネットワークデバイスや管理製品、音声コミュニケーション製品などあわせて40以上の製品が同脆弱性の影響を受けることを明らかにした。

また「IOS」をはじめ一部製品では脆弱性の影響について調査が進められている。カスタマイズは必要となるが、すでに脆弱性の実証コード(PoC)が公開されており、同社ではネットワーク侵入検知システム(IDS)の「Snort」に関するルールについても公開している。

(Security NEXT - 2024/07/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
Atlassian、複数製品でのべ11件の脆弱性に対応
「NVIDIA CUDA Toolkit」に脆弱性 - サービス拒否のおそれ
美術館でメール誤送信、講座応募者のメアド流出 - 稲沢市