Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正

コンテナの管理プラットフォーム「Rancher」の開発チームはアップデートをリリースした。「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性などへ対処している。

「Rancher 2.8.5」「同2.7.14」をリリースしたもので、4件の脆弱性を修正しており、開発チームでは「セキュリティリリース」と位置づけている。

修正した脆弱性を見ると、コンポーネントである「RKE」において資格情報が「configmap」に保存され、読み取り権限があれば管理者以外も参照できる「CVE-2023-32191」に対処した。

今回判明した脆弱性においてもっとも共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが高く、最高値となる「10.0」と評価されており、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

認証プロバイダ(AP)から削除されたユーザーを自動的にクリーンアップしない脆弱性「CVE-2023-22650」を修正。さらに権限昇格の脆弱性「CVE-2023-32196」、シークレットの暗号化構成を有効した場合も一部平文で書き込まれる「CVE-2024-22032」を解消している。

CVSS基本値は、それぞれ「8.8」「6.6」「6.5」と評価されており、重要度は「CVE-2023-22650」を「高(High)」、のこる2件を「中(Moderate)」とした。

(Security NEXT - 2024/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exim」に脆弱性 - 拡張子による添付ファイルブロックを回避されるおそれ
地理空間データを活用する「GeoServer」の脆弱性攻撃に注意
ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 立命館守山高校
児童相談所が児童の個人情報をメール誤送信 - 栃木県
「OpenSSH」の脆弱性「regreSSHion」、40以上のCisco製品に影響
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
ServiceNowの「Now Platform」に深刻な脆弱性 - アップデートの実施を
「OpenStack」のモジュールに脆弱性 - 修正パッチが公開