Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局

米サイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、あらたに3件の脆弱性が悪用されているとして注意喚起を行った。

攻撃が発生しているとして、現地時間6月13日に「CVE-2024-26169」「CVE-2024-32896」「CVE-2024-4358」の3件を「悪用が確認された脆弱性カタログ(KEV)」に追加したもの。

米行政機関に対して一定期間内にこれら脆弱性へ対応するよう促すとともに、広く注意を呼びかけた。

「CVE-2024-26169」は、Windowsのエラー報告サービスに明らかとなった脆弱性。3月の月例セキュリティ更新にて修正していた。

公開当初、脆弱性の悪用、公表いずれも確認されておらず、悪用可能性指標を「悪用される可能性は低い」と評価していた。

(Security NEXT - 2024/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 「regreSSHion」の影響も説明
Palo Alto製品に脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
複数のCitrix製品に「クリティカル」とされる脆弱性 - 「regreSSHion」も影響
「Cisco IOS XR」に脆弱性、「Blast-RADIUS」の影響は調査中
中間者攻撃で認証応答を偽造できる脆弱性「Blast-RADIUS」
小学校で児童の個人情報含む成績ファイルが所在不明 - 尾道市
再就職支援者の個人情報を企業に誤送信 - 東京しごとセンター
オークションへ出品した車両内に個人情報含む書類 - 日産ディーラー
自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
ウェブベースの管理ツール「Webmin」に複数脆弱性