Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット

冠婚葬祭事業を手がけるこころネットは、1月に判明したサイバー攻撃に関して、当初個人情報の可能性が低いと結論付けていたが、対応を一転して個人情報が流出した可能性もあるとして対象者などを明らかにした。

1月16日にサーバへのアクセスができなくなる不具合が発生。原因についてフォレンジック調査を行ったところ、サーバにおけるパスワードの改ざんや、ファイルの生成、マルウェアの実行などが判明した。

同社はフォレンジック調査の結果、サーバ上のファイルを閲覧されたり、転送された痕跡は発見されなかったとし、個人情報が外部に流出した可能性は極めて低いと結論付けて3月1日に発表。

同月19日に調査結果を個人情報保護委員会へ報告したが、4月に入り、個人情報保護委員会の見解のもと、調査結果の再精査を実施。その結果、個人情報が外部に流出した可能性もあるとして、今回の対応に至ったという。

こころネットやグループ企業であるたまのや、カンノ・トレーディング(石のカンノ)、With Wedding、北関東互助センターにおいて利用履歴がある顧客やグループの従業員において個人情報が流出した可能性がある。

(Security NEXT - 2024/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局
インフラ監視ソフト「Pandora FMS」にアップデート - 複数脆弱性を修正
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県